身近な野草の花図鑑(5月)

5月には、園芸種の豪華な花が咲き乱れるため、野草の花は目に留まりにくくなってしまいます。
しかし、かわらず道端などで多くの花が咲き続けています。ここでは、 5月に道端など身近なところでよく見られる、そして名前を聞かれることの多い花をまとめました。

一部、野草でないものも含みますが、この時期によく名前を聞かれる花ということでまとめています。
なお、見かける頻度や時期は静岡県の平野部を基準としています。


タデ科(Persicaria capitata身近な野草の花図鑑(5月)

ピンクのボンボンのような、金平糖のような可愛らしい花が目を引きます。園芸植物として栽培されることも多いですが、野生化して道端で咲いているものをよく見かけます。

ドクダミ科(Houttuynia cordata身近な野草の花図鑑(5月)

名前はかなり有名ですが、きれいな花を咲かせることはあまり知られていないようです。
日かげでジメジメした場所を好んで生えていますが、日当たりの良いところでもそれなりに繁茂しているものを見かけます。
葉を触ると、独特の匂いが手につきます。

アカバナ科(Oenothera rosea身近な野草の花図鑑(5月)

4月に続き、咲き続けています。
アカバナユウゲショウともよばれ、ピンク色の花を多数咲かせます。

アヤメ科(Sisyrinchium sp.身近な野草の花図鑑(5月)

ニワゼキショウと並び、日当たりの良い芝生などでよく見かけます。
ニワゼキショウよりも花は小さく、背は高いことで見分けられます。花が青みがかった白であることでも区別可能です。

カタバミ科(Oxalis debilis身近な野草の花図鑑(5月)

野で見られるカタバミの中では、オオキバナカタバミと並んで大きな花を咲かせます。
葉も普通のカタバミと比べると大きめです。

ツユクサ科(Tradescantia fluminensis身近な野草の花図鑑(5月)

ツユクサと同じような場所で見かけます。
純白の花は、ツユクサ類の中ではもっとも目を引きます。
似た花を咲かせるものに、オオトキワツユクサもあります。

オオバコ科(Nuttallanthus canadensis身近な野草の花図鑑(5月)

5月初旬には花を咲かせていますが、下旬には種子となっています。
小さく可憐な花を咲かせます。

フウロソウ科(Geranium carolinianum身近な野草の花図鑑(5月)

マツバウンランと同様初旬には花(小さいですが)を咲かせていますが、下旬にはほとんどが種子となっています。
種子の飛散の仕方が独特で、この写真は種子を飛ばしたあとの状態です。


5月は色とりどりで豪華な園芸種が花壇の中心になってきますが、野草もしっかりと花を咲かせています。日本古来(外来種も多いですが)の野草は馴染みやすい名をしているものも多いので、覚えやすいのではないでしょうか。
道端できれいな花や小さな花を見かけたら、ぜひ足をとめて観察してみてください。
小さいながらも近づいてみてみると、いろいろな発見があることだと思います。

ここでは代表的なものだけを集めてみましたが、もしここに載っていない花で気になるものがあれば、ぜひ投稿して名前を尋ねてみてください。
投稿方法