2020/03/29 19:02
セイヨウベニカナメモチ
カナメモチだと思いこんでいました…

新たな別名だと、調べてみました…

でも、別種でした…(あまりにも赤色が濃いので、おかしいと思っていました)
2020/03/27 09:03
カダヤシ
メダカと生息環境や餌が完全に重なる上、卵ではなく仔魚を産んで増えるので、メダカの地位を奪ってしまうのです。
メダカもボウフラたくさん食べるのですけどね。
2020/03/27 06:01
カダヤシ
生態系を狂わす存在なのですね…

とても、特定外来生物に指定される存在には見えないです…いかにも、強そうな感じなら納得しますが、、、

蚊の幼虫のボウフラを捕食することから名前が付いたみたいですね…

メダカ(在来種)を捕食して、駆逐するから、特定外来生物指定みたいですね…
2020/03/24 12:57
クモ目の一種
足の雰囲気から、アシナガグモ科のクモのように見えます。もう少し鮮明な写真がありましたら…
2020/03/22 03:20
ヒメリュウキンカ
2020年に入り、更に繁殖して、大変なことになりそうです…アメリカでは、侵略的外来生物として、栽培は禁止されているそうです…オオキンケイギクなどと、同じ扱いですね…

リュウキンカという名前の植物(有毒植物・食用にされることもあるらしい)もありますが、ほぼ水生生物ですので、水が流れている場所しか繁殖しません…(タガラシににています(キンポウゲ科・有毒植物))
2020/03/22 02:58
セイヨウアブラナ
数日後、同じ場所へ見に行ったところ、駆除されていました…根は残ったまま…

セイヨウアブラナは、遺伝子組み換えの種も繁殖しているらしく、遺伝子が交雑して在来種を脅かす恐れがあるからだと思います…

茎などの表面は、指などでこすれば、白い、はつ水剤のような成分が取れます…

茎の赤いのは、画像検索しましたが、赤い種も出てきました…また、根はカブラのように太くなるらしいです…

やはり、外来種は駆除されるのですね…
2020/03/21 14:17
スズメノカタビラ
穂が青色、アオスズメノカタビラなのでしょうか?
2020/03/21 09:24
クモ目の一種
ワカバグモなか?と思います…
2020/03/18 12:53
ミズナ
ミズナの花、実物を見たことがないです!当たり前ですが、あの葉からも、やはり同じ菜の花が咲くのですね。
2020/03/18 12:50
セイヨウアブラナ
茎の赤さから、コウタイサイかと思いましたが、葉はセイヨウアブラナのようですね。
アブラナ科は交雑だらけで何が種だかよくわからないです。。
2020/03/17 23:51
セイヨウアブラナ
在来種のアブラナは、ラパの変種になり、別種です…
2020/03/17 23:43
ミズナ
Brassica rapa var. laciniifolia

が、ミズナの学名です…

var.(変種) 以降がミズナですね…
2020/03/17 23:39
ミズナ
種名・分類群名の欄をラパに変更して下さい…ミズナの種名は、ラパで、変種名がミズナです…

学名は、Brassica rapa var. laciniifolia
です…Brassica(属名・アブラナ属) rapa(種名・ラパ) var. laciniifolia(変種名・ミズナ)です…

ミズナの花の写真が良いです…
2020/02/26 10:47
キュウリグサ
はい、あまりに小さくて、見過ごしてしまうところでした。
2020/02/26 07:28
キュウリグサ
小さくてかわいい花ですね。
2020/02/17 12:34
カワラタケ
Trametes属と Coriolus属で揺れていて、Trametesのほうが現在支持されていそうですね。
Trametes属もカワラタケ属と書かれているものと、シロアミタケ属と書かれているものもあり、どちらが支持されているか判断がつきませんでした。
2020/02/16 19:16
カクレミノ
太陽の光があまり当たらない、竹やぶの中でした…そのため、葉が裂けるらしいです…太陽光の照射に関係あるらしいです…

どこから、種がきたのか?カクレミノの実は、ヒヨドリ、ツグミなどの野鳥が食べるそうです…
2020/02/16 09:58
ヤエザキニホンズイセン
Narcissus tazetta var. chinensis 
この学名は、変種全体のものかもしれません…
2020/02/15 23:35
カワラタケ
日本の属名は、カワラタケ属です…
2020/01/26 13:10
アブラナ属の一種
セイヨウカラシナではなさそうです…セイヨウアブラナは、葉が茎を抱くらしく、この場合、葉で同定の要素になります…自然交配種が、多く、変種ができやすいため、同定が難しいらしいです…

葉が同定の手がかりになるため、花より、葉が重要です…

葉は、幅広い形状で、切れ込みが、茎寄りにありますが、その切れ込みの位置が重要だと思います…また、葉のフチにギザギザが有るか無いか等です…

追記、厳密にはカラシナは、セイヨウカラシナの変種扱いになっていました…(ウィキペディア参照)

写真の葉の基部を見ると、葉は茎を抱いているみたいでしたので、セイヨウアブラナとします…葉のフチは、ギザギザが無いのもそうです…

開花は、1月下旬からです…