2020/01/04 23:25
ヤブニッケイ
近縁種のニッケイ属のセイロンニッケイは、シナモンです…シナモンとして採取される樹木は、他にもあり、ヤブニッケイもわずかに香りがあるそうです…
2020/01/03 08:25
イシクラゲ
ネンジュモ網だったり、藍藻網だったり、藍色細菌網だったり、諸説あるようですが、いちばん派閥が多そうだったネンジュモ網としました。
2020/01/03 08:21
ムラサキオモト
Tradescantiaとすることが多そうですね。こちらに合わせておきます。
2020/01/03 08:17
ケール
確かに、そのようなパターンもありますね。
際限がなくなるので、どこまでつなげられるようにするか悩ましいところです。
こちらも対応検討します!
2020/01/03 08:16
シャリンバイ
ありがとうございます。修正しました!
種よりも下の分類について整理したいと思いつつ、なかなか時間が取れず…
2020/01/01 08:53
イシクラゲ
綱名が有るのか無いのかわかりませんでした…
2019/12/27 06:57
ケール
変種と品種は、切り離して投稿できません…

学名が、ケールの後に続いています…

種の品種と、変種の品種があります…

分けて投稿できれば良いです…
2019/12/27 06:33
ムラサキオモト
属名の学名がおかしいのですが、どうなのかよくわかりません…
2019/12/21 22:08
シャリンバイ
シャリンバイは、変種扱いになっていました…種名は、モッコクモドキという名前です…

学名も変種の付いた名前になると思います…

松江の花図鑑さんから、学名をコピーしました…
Rhaphiolepis indica var. umbellata(var.は変種)

2019/11/25 12:39
マンリョウ
ほんとですね。ありがとうございます。修正しました!
2019/11/18 06:59
ヤブミョウガ
少しピンぼけしてしまいました…
2019/11/17 22:01
マンリョウ
サクラソウ科の上位分類は、ツツジ目でした…(APG3)
2019/11/09 14:03
ヒヨドリジョウゴ
ムラサキヒヨドリジョウゴという紫色の花が咲く品種があり、学名も少し違うみたいです…やはり、花が咲かないと正確ではないかもしれないですね…でも、品種の差なので、僅かな誤差だと思います…

ワルナスビやツルハナナスなどと同じ白と紫です…
2019/11/08 20:54
センニンソウ
すでに、種が空中で発芽している感じがします…ヒゲ根が出ています…
2019/11/07 12:34
ヒヨドリジョウゴ
ありがとうございます!調べてみました。ヒヨドリジョウゴのようですね。
初めて聞く名でした。花の時期は終わっているようですが,また来年意識して見に行ってみます。
2019/11/06 19:59
ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリジョウゴです…

ナス科で合っていました…凄すぎます…

かなり珍しいかな?と思います…
ワルナスビと同じく、ソラニンの毒があります…(ジャガイモの芽もそうですが、、、)
赤い実がなりますが、有毒です…在来種ですね…
ヒヨドリジョウゴで、検索して下さい…

Googleレンズで、部分指定(右下にあります)にして、葉を一枚だけの検索をかけて、出てきました…
2019/11/06 08:37
ヒヨドリジョウゴ
エンドウの仲間は、冬前に発芽して冬を越して、春開花しますね。
発芽は温度さえ合えば別の時期になることもありますが、開花は花芽形成の起こる条件が温度だけではなく日長が大きく影響するため、狂い咲きとなることが少なく、よくできているな、と思います。
2019/11/05 23:56
ヒヨドリジョウゴ
パンジー、ビオラ、キンセンカ、などが、花を咲かせます…

すでに、カラスのエンドウが発芽して、背丈が、10cmくらいになっています…開花時期は、わかりませんが、暑さに弱く、寒さに強いと思います…背丈がありそうなので、今年中には咲きそうです…
2019/11/05 23:01
ヒヨドリジョウゴ
確かに、なんとなくトマトやワルナスビなどのナス科に似ているな、と判断しましたが、根拠はないですね。判断できるのは…双子葉だというところまでか…
花が咲けば同定しやすくなりますが、この季節から花は期待できないですね。
時期違いで発芽してきたのか、多年草なのか、なんとも…
2019/11/05 19:51
ヒヨドリジョウゴ
なぜ、ナス科と同定されたのですか?今から、花が咲くのは、かなり寒さに強い植物です…互生ですが、葉の形状が変化していますので、よけいに判断が難しいと考えます…

クワの樹木も幼木の頃は、葉の形状が変化します…