2021/05/10 03:49
マツバゼリ
検索時、属名がいろいろあって、どれが正確なのかわかっていません…
松江の花図鑑さんを参考にしました…

有毒なのか無毒なのかも、わかりませんでした…セリ科は、ドクゼリなどもあり、有毒であっても不思議ではありません…
ニンジンも同じく、嫌いというのも不思議ではありません…
2021/05/03 21:22
セイヨウヒキヨモギ
ウィキペディアの寄付も、サーバーの使用料だと思っています…ウィキペディアの編集をしたら、もっと頑張りましょうとメッセージが来ました(笑)過去に、500円を寄付しました(笑)
2021/04/18 22:14
オニタビラコ
春の七草の1つでホトケノザに近い属ですね。
同定ありがとうございます。
2021/04/18 20:36
セイヨウヒキヨモギ
どうも借りているサーバーの調子が悪いようです。
続くようでしたら移転を考えようと思っています。
2021/04/18 20:35
オオマツユキソウ
ありがとうございます。スノーフレークのほうが標準和名とされているのですね。変更します!
2021/04/18 20:27
オニタビラコ
オニタビラコですかね。
アカオニタビラコの方かなと思います。
2021/04/18 01:21
オオマツユキソウ
種名は、スノーフレークになっています…オオマツユキソウは、別名または和名みたいです…
2021/04/12 23:40
セイヨウヒキヨモギ
フリーズでしょうか?写真が読み込めないです…スパム?何が起こっているのでしようか?
2021/04/07 16:45
ヒメアメンボ
水面に足を浮かせている様子がよく見えます…すごく不思議な昆虫の一種です…表面張力といっても、利用できるように進化したのは何万分の一の確率なのかもしれません…
2021/03/21 21:02
ツルボ
Scilla sinensisは古い学名だったようですね。
現在支持されていそうなBarnardia japonicaに修正しました。ありがとうございます!
2021/03/21 04:31
ツルボ
APG3では、属の学名が違うのでしょうか?種名も違っています…なぜなのでしょうか?

ツルボ属は、Barnardiaでした…

ツルボ Barnardia japonica 属名+種名
2021/02/02 20:36
クビキリギス
クビキリギスのように見えます。
キリギリスの仲間のくせに、成虫で越冬する種類です。
2021/02/01 19:57
クビキリギス
教えて下さい。寒いのに葉の上にいました。
2021/01/19 00:58
シバスゲ
ホソバオゼヌマスゲ(細葉尾瀬沼菅)
Carex nemurensis

かも、しれません…ただ、スゲ属までは、確実です…
2021/01/18 10:22
シラカシ
シラカシかアラカシか、難しいですね。。
葉の形も、環境によって異なるので、なかなか写真から確実には同定ができなそうです。
2021/01/17 23:27
シラカシ
アラカシに見えますが、、、シラカシとアラカシの区別が難しいかもしれません…

アラカシの葉の形は、幅広で、半分先だけが鋸歯状(きょしじょう・ギザギザ)になっています…また、幹の樹皮は、やや白くつるっとしています…どんぐりのカサは、横縞が目立たないです…

シラカシのカサは、横縞がはっきりと出ます…シラカシ材は、白いところから「白樫」ですが、樹皮は、黒いらしいです…実は、特定の時期だけですが、葉と幹は、いつでも確認できるため、同定の材料になります…

なお、アラカシは、雌雄異株なので、雄株だけしかない場合、どんぐりはつきません…
実やカサがついている場合は、雌株と判断できます…

自分は、Googleレンズで検索をかけて、だいたいの種別の画像を出してから写真を比較します…

種別の分類は、ウィキペディアで検索するのがわかりやすいと思います…(寄付金の募集が出るときは、ログインすると良いです…スマホのアプリもあり、使用しています…薔薇など、品種改良されたものは、属までしか不可能の場合があります…(数が多いため))

同定よりも、写真を撮るのがいちばん難しいと思っています…(どの部分を撮るか、光の当たる部分、ピントをどれに合わせるか等です…)
2021/01/13 17:53
マテバシイ
マテバシイはシイ属ではなく、マテバシイ属であることを知りました。
同定ありがとうございます。
2021/01/12 10:38
クダモノトケイソウ
パッションフルーツの和名、初めて知りました。
2021/01/12 10:37
マテバシイ
まだドングリが木の上についているのですね。マテバシイだと思います。
スダジイやツブラジイなどのシイ属のドングリは、帽子が実をつつむようになっています。
2021/01/12 02:47
マテバシイ
マテバシイ(馬刀葉椎)の可能性がありそうですね…ブナ科マテバシイ属…栗に次いで、あく抜きしないで食べられるどんぐりだそうです…樹皮と葉の形が同定の判断の要素になります…(実が細長いので、スダジイかなとも考えましたが、、、スダジイは、ブナ科シイ属です…)ブナ科=巨木です…

ちなみに、マテバシイのマテとは、マテ貝に葉の形が似ているかららしいです…葉の大きさも、他のシイの仲間では大きい…