2021/10/13 21:25
タイワンホトトギス
花が房状につき、花弁の地色がピンクがかっていることから、タイワンホトトギスではないかと思われます。
2021/10/06 12:51
プチマル
ご指摘ありがとうございます。確かに学名がおかしかったですね。
両親の明確になっている品種ですので、
Fortunella margarita x crassifolia ‘Puchimaru’
が正式な表記になるかなと思います。

交配種や遺伝子組み換えなどがあると、学名の考え方がとても難しくなりますね。
2021/10/06 00:20
プチマル
日本の標準和名キンカン(金柑・学名:Citrus japonica→Fortunella japonica・学名変更・属の学名が変更されました)とよばれる種は、別名でマルミキンカン、マルキンカンともよばれている…(ウィキペディア参照)

シノニム(別名)としてミカン属の学名が優先されるみたいですが、キンカン属である以上、キンカン属の学名で良いと考えます…種小名が日本なので、どちらでも良いという事なのでしょうか?

ナガミキンカン(長実金柑・Fortunella margarita) の種名を作成してから、その品種として作成した方が良いと思います…

4倍体ニンポウキンカンを交配していますが、ニンポウキンカン側が特殊処理(4倍体にするために種子へコルヒチン処理)をしていますので、ナガミキンカンの栽培品種で良いかと考えます…
Citurs(シトラス)は、ミカン属の学名で、現在は、キンカン属の学名は、Fortunellaになっています…

基本種名を省略しても、Fortunella‘Puchimaru’となると思います…

もしかして、文献を検索してみると、ウンシュウミカンに高接ぎして結実とあったので、キンカンでも、ミカン属になってしまうのかもしれません…でも、この場合は、ミカン属に入れるのが普通な感じがします…


                                                       
               

2021/10/04 20:10
ホタルガ
顔が赤くて体が黒いというカラーリングがホタルと同じだから名付けられたようです。大きさといい、飛び方といい、活動時間といい、ホタルっぽくはないですね。
2021/10/03 21:39
ホタルガ
最近、死んでいる個体を見つけました…ホタルガというのですね…顔が赤いので、ショウジョウ(猩猩)かなと考えていました…
ショウジョウトンボみたいに全体が真っ赤でないと付かないですね…
2021/09/27 20:25
ガンクビソウ
開花している状態なのですね。開花していても筒状花は蕾のように見えますね。
ありがとうございます。
2021/09/27 00:16
ガンクビソウ
筒状花です…ノボロギクと同じ感じですね…開花している状態だと思います…
2021/09/25 18:13
ノコギリクワガタ
カブトムシやクワガタムシは、水分がとても重要で、乾燥すると生きられなくなります…

ノコギリクワガタも、飼育すると、木くずのマットをべたべたにしても、自分で穴を掘って、溜まった水にお腹を浸けていました…

だから、ゴキブリは、湿気の多いところに出てくるのでしょうか?
シロアリも湿気のあるところに出現します…

他に、トンボ、カ、ハエも幼虫は水の中です…
2021/09/12 17:36
アカメガシワ
ウルシ科の食用ではマンゴーが有名ですかね。
マンゴーの汁がたくさん付くと、私は唇がかぶれます。好きなのですが。。。
2021/09/10 21:19
アカメガシワ
アカメガシワは、トウダイグサ科なので有毒かな?と思いつつ、検索すれば、若葉を天ぷらにして食べていました…

でも、マンチニール(トウダイグサ科)という樹木は、触れるだけで皮膚がただれ、実を食べると治療の施しをしないと(病院へ行けば助かるそうです)死に至るらしいです…

触れるだけで、炎症を起こす植物には注意して下さい…ウルシ科のウルシもその系統かもしれません…これも、触れるとかぶれます…
こういう系統の植物は、燃やした煙にも有毒成分が含まれ、吸い込むと肺の内部がただれたりするそうです…

カシューナッツは、ウルシ科ですが食用です…でも、販売されている袋に注意することがらが書かれていたのを読んだことがあります…
2021/09/10 12:41
クサコアカソ
おっしゃるとおり、クサコアカソで良さそうですね。ありがとうございます!
2021/09/08 23:05
クサコアカソ
クサコアカソ(草小赤麻)ではないのでしょうか?
ふつうとは違い、雌花が上、雄花が下に付くらしいです…
ふつうは、雄花が上です…トウモロコシなどがその例です…
茎があかいのと、花の付き方が検索と同じでした…

茎が赤くなるのは、アカソ・コアカソ・クサコアカソの三種あって、アカソは雌花が3裂するので除外、コアカソの葉の鋸歯の数は、もっと少ないので除外、残るクサコアカソが最も一致しました…
2021/08/30 21:45
ヒガシキリギリス
ヒガシとニシで翅の長さが違うのですね。生息地域での区別以外は知りませんでした。
ありがとうございます。
2021/08/30 20:34
ヒガシキリギリス
翅が短いのでヒガシの可能性が高そうですね。まったく自信は持てないですが……
2021/08/20 17:44
アカメガシワ
雄株のようですね。
2021/08/19 23:46
アカメガシワ
オスの木でしょうか?アカメガシワは、オスの木とメスの木にわかれます…
2021/08/18 21:31
カ科の一種
市街地の小さな水たまりだと、ヒトスジシマカあたりでしょうか。きれいに撮れていますね。
2021/08/18 02:49
ダリア属の一種
枯れかけみたいで、画像検索にかかりませんでした…最近は、マイクロソフトのBingで画像検索もしています…意外と精度は高いです…

亜種や品種より、変種のほうが多いと考えています…変種を別項目にされますか?項目を見た時、変種はどこへ入れればと、迷うのかなと考えます…


亜種は、種より下位のもの 「subsp.(subspecies サブスピーシズの略…または、ssp.)」で種名につなげます…

品種は、植物学の品種と栽培品種とに分かれます…
通常の品種は、「f. (forma フォールマの略)」の後に品種名で、栽培品種の場合は、「' '」で品種名をくくります…

変種は、種と同等で違う性質を持つもの「var.(varietas バリエタスの略)」で品種につなげます…

唯一、種の下位になるのは、亜種のみです…

亜種(品種・変種)のような表記になるのでしょうか?
2021/08/16 07:43
ダリア属の一種
亜種品種を追加しましたありがとうございます。
こちらのダリアは格安で売っていたもので、残念ながら詳細の記載はなしでした。。
2021/08/16 00:31
ダリア属の一種
同定の自信の選択項目が変更ですね…亜種、変種、品種の自信は、除外でしょうか? 

園芸店で購入では、品種名が付いていると思います…種名の学名をカタカナで書いているものが多いです…

ダリアは球根なので、ほとんどが多年草(宿根草)だと思います…品種が何万種とあって、同定が困難だと思います…でも、写真が、花、葉ともにはっきり識別できれば同定は可能だと思います…