ヒメセンナリホオズキ(姫千成酸漿) -Physalis lagascae-

撮影日

地域

撮影・捕獲場所

生育段階

同定の自信

★★★★☆(種までほぼ確実)
ホオズキの種(しゅ)が多いです。意味不明になりそうです。
どうにか、学名を見つけました(センナリホオズキの学名かもしれません)。実がとても小さいため、ヒメセンナリホオズキとしました。

背後にオッタチカタバミが出ているので、葉の大きさで、実の大きさが比較できると思います。