カクレミノ(隠蓑) -Dendropanax trifidus-

別名

テングノウチワ
在来種
幼木は、葉が裂けるが、大きくなると裂けなくなる。
また、ウルシと同じ成分を含むため、カブれることがある。

神事に使用され、和名の由来は天狗が持っている、着ると姿が消える「隠れ蓑」に葉を見立てられた。