コウオウソウ (紅黄草) -Tagetes patula-

別名

フレンチ・マリーゴールド、クジャクソウ(孔雀草)、マンジュギク(万寿菊)
在来種
江戸時代に、ヨーロッパから移入されました…

一般には、マリーゴールドと呼ばれます…

ルテイン(Lutein)という目の疾患に対して有効な成分がとれます…

また、α-ターチニエールと呼ばれる成分を根から分泌し、ネグサレセンチュウの予防になるため、農作物と一緒に植えることがあります…

食品の着色料としても使用されています…