キンモクセイ(金木犀) -Osmanthus fragrans var. aurantiacus-
金木犀の「犀(サイがなまってセイ)」は、(動物の)サイ(犀)の足に似るところから名づけられた。

雌雄異株であり、日本には江戸時代に、雄株が渡来したため雄株のみが存在する。挿し木で繁殖。

開花は、9月下旬から10月。強い芳香がある。

一度散って、もう一度開花する年もある。(雄株のため)